下半身痩せ方法 > 下半身痩せとふくらはぎ

下半身痩せとふくらはぎ

ボトックス注射や注入で筋肉の動きを制限し、筋肉を細くする方法がふくらはぎに筋肉を衰えさせる一般的な方法です。

少し意図が違いますが、脚の骨を折ったりした場合などは脚を動かさないのでとても短期間で筋肉が細くなります。

しかしこれは脚を折った方が体験するのでダイエットというには程遠い方法です。

下半身痩せを考えている方の中には、ふくらはぎが特に気になるという方も多いのではと思います。

スカートやショートパンツを履く場合などふくらはぎは特に気になる場所なのではと思いますが、ファッションのためにも下半身やせを目指す人も多いと思います。

下半身痩せを目指す人の中でも、ふくらはぎを細くするには脚の筋肉をなるべく使わないようにして筋肉を衰えさせればいいとされています。

最も有効的なのは体重を減らす事だそうです。

ダイエットなどをしてふくらはぎの筋肉に負担をなるべくかけないようにして同じ動きだけをしているだけなら筋肉は細くなっていくそうです。

その他には筋肉退縮術という方法もあるようです。

ふくらはぎなどの特定の筋肉を退化させて筋肉の厚さを薄くする事により筋肉は細くなりスラッとした綺麗なふくらはぎが出来上がります。

この方法はとても特別な方法のように感じますが、筋肉に負担や負荷をかけると筋肉は鍛えられて太くなるし、負担や負荷をかけなければ細くなるという理論に基づいているそうです。

しかし手術しなくてはならないのは、やはりなるべく避けたい事だと思われます。

ふくらはぎは脂肪が付きにくく、筋肉が付きやすい場所です。

こういった手術などが有効ですが、わざわざ手術をしなくてもダイエットをすれば良いわけですし、ダイエットの方がより自然な方法といえるはずです。