下半身痩せ方法 > 下半身痩せとスクワット

下半身痩せとスクワット

下半身やせを考えている方は、全身のダイエットを行うのが最適とされますが、全身のダイエットを行ってもまだ下半身が気になる方、上半身は痩せる必要がない方など、有酸素運動と食事の改善以外に下半身やせをする良い方法はないのでしょうか。

今回は下半身痩せというより下半身の引き締めについて見ていきたいと思います。

スクワットは、大腿四頭筋(太もも)、下腿二頭筋(ふくらはぎ)、大臀筋(だいでんきん)、縫工筋(ほうこうきん)などの引き締めと筋力アップに効果が期待出来るそうです。

引き締めを目標とする場合は20回を10回ずつ2回に分けて行い、筋力アップを目指す場合は10回20回と無理なく行えるようになったら50回を連続で行えるようにすると良いようです。

太ももの引き締めまたは筋力アップを目指す場合はべた足(足の裏を全面床につけた状態)で行い、ふくらはぎの場合はかかとをあげた状態で行うとよいようです。

詳しいスクワットの方法ですが、スクワットは下半身を中心にバランスのとれた体作りに適しているトレーニングで、まず腕を頭の後ろで組み、肩幅よりやや広めに足を開きます。

背筋はまっすぐに伸ばします。

そして背筋を伸ばしたままゆっくりと腰を下ろします。

太ももが水平地点に達したらすぐ腰を上げこの動作を繰り返します。

最初は10回程度を目標に行うことが良いとされています。

初めから無理をすると筋肉痛に悩まされる原因になるので注意が必要なようです。

ちなみにスクワットには下半身痩せなどのシェイプアップ効果以外にも、より本格的に行う事によりボクシングのトレーニング効果もあるようです。

下半身の引き締めを考えている方に手軽にできるスクワットはぴったりなのではと思います。