下半身痩せ方法 > 下半身太りの原因

下半身太りの原因

女性の中には多くの割合で、下半身痩せを考えている人が多いと聞きます。

ダイエットの中でも特に下半身を目立たなくさせたいと考える人が多いのでしょうか。

女性が下半身太りになりやすいのは、脂肪を貯蔵するレセプターというものが、体の中で特に下半身に多く配置されているからだとされています。

レセプターとは脂肪の貯蔵・放出をコントロールする受容体の事です。

下半身には脂肪を放出するレセプター1個につき、脂肪を貯蔵するレセプターは6個あると言われているそうです。

そして上半身は全く逆なので、下半身は上半身に比べて6倍も脂肪をため込みやすくなっているということです。

さらに女性の下半身太りの大きな原因となっているのが「セルライト」の存在とされます。

セルライトとは、太ももやお尻まわりの皮下脂肪組織がスポンジのようにどんどんと脂肪・水分・老廃物などをため込み肥大してしまう状態のことです。

セルライトはほとんどが脂肪からできていますが、普通の脂肪組織とは異なるようで、ダメージを受けてしまった脂肪細胞組織と言われています。

皮膚のすぐ下の脂肪組織にセルライトは形成されている為、痩せている人にもセルライトは見られるそうです。

女性は下半身に皮下脂肪をため込みやすい為、セルライトも下半身に発生しやすく、下半身太りになりやすくなります。

セルライトができやすい生活とは、スナック菓子や甘い物ばかり食べる、過度に飲酒をするなどの食生活の乱れから起きる脂肪の蓄積のこととされています。

また海藻やフルーツを摂らず、味の濃いもの、加工食品などを多食すると、カリウムとナトリウムのバランスが崩れ、タンパク質不足を起こし、組織内に水分が停滞します。

また悪い姿勢や、正座、脚を組んで座るなどの習慣が、動脈やリンパ管を圧迫して下半身の水分の停滞をまねきます。

便秘、喫煙、カフェインの過剰摂取、運動不足などもセルライトを引き起こす原因になります。

下半身やせを考える方は生活の改善も下半身痩せの大前提になるようです。

出来る事から変えていくことが必要となってくるのだと思います。